タブレットPC、電子黒板、タッチパネルの手書きソフトPenPlus

call048-290-6140 mail

受付時間 9:00~17:00(土日祝・年末年始・夏季休暇期間を除く)

対応OS
Windows10/8.1/7(32・64ビット)日本語版

手書き貼り付け対応Office
2016/2013/2010

パソコン画面に自由に手書きができるソフト 学校や塾の授業に、プレゼンテーションや会議に、文章校正として幅広く活用

授業、講演に活用 PDF教材を表示しながら長文の手書きコメント(PDFレンダリング)

  • PDFファイルの中身をホワイトボードにレンダリングします。
  • PDFを画像変換しないので拡大縮してもきれいに表示できます。
  • 長文の手書きに適しています。
  • PenPlusのホワイトボードモード機能はすべて利用できます。
  • 手書き線の太さは1/10ポイントから対応し、細かい字が書けます。
  • ホワイトボードは無限の広さ。10000ページまで対応。
  • オリジナルのPDFには手書きできません。
  • 別のPDFファイルとして保存可能です。
  • PenPlusの設定ダイアログで、タッチセンサー、タブレットPCなど入力デバイスを正しく設定することにより、スムーズに書けるようになります

図面校正に活用 PDF図面に直接手書きコメントし、そのまま元ファイルに上書き保存
(例:現場はタブレットやスマートフォンなどを使い、ファイルはインターネット上の共有の保存場所)

  • PDFファイルを読み込み、オリジナルのPDFファイルに保存できます。
  • 手書き、文字協調、メモ、連続多角形、テキストが追記できます。
  • アノテーションしたオブジェクトの注釈管理ができます。
  • 消しゴムは、ストローク消しではなく、領域消しゴム。
  • 手書き線の太さは、1ポイントより小さい0.5ポイントの太さに対応。
  • 写真や絵スタンプを貼ることができます
  • サムネイルによりページの閲覧とページジャンプが簡単にできます。
  • 手書きによる長文入力には不向きです。コメント入力などに適しています。
  • タッチセンサーによる写真、スタンプのサイズ変更は 可能ですが、難しいです。

学校、塾、企業プレゼンテーションに活用 新方式PowerPointスライドショーに手書き

  • PowerPointスライドショーで手書きコメントができます。
  • スライドショー終了時に手書きコメントは、インク注釈として、ppt、pptx形式で保存ができます。
  • 最初から6色のペンが用意されています。
  • ツールバーは縦横の配置が可能です
  • ペンのサイズは1種類だけ、サイズ指定はできません。
  • 消しゴムは、ストロークごとに消えます。
  • 設定パネルからVer.1.0あるいはPenPlusプロで利用していた旧タイプのツールバーに戻すことができます。

デザイン・資料作成に活用 PCのデスクトップ画面の一部を他のアプリケーションへ貼り付け

  • pcのデスクトップ画面の一部、あるいは全画面の切り取りができます。
  • 切り取った画像は、クリップボードやファイルに保存ができます
  • クリップボードに保存した画像は、「Ctrl」キーを押しながら、「V」を押すと、他のアプリケーションに切り取った画像を貼り付けることが可能です。

どこでも書き込み

パソコン画面上に表示されている資料、ホームページ、教材ソフトなどの上に自由に書き込むことができます。
ホワイトボードモードでは、黒板のように書き込むことができ、10000ページあるので、消す手間いらず!

かんたん貼り付け

インターネットの情報をカット&ペースト

デジカメ画像を選択して取り込み

インターネット画面の好きなところを持ってきて貼り付けたり、デジカメやスキャンしたイメージを読み込むことができます。
資料のスクラップがデスクトップ上でらくらくできてしまうので、プレゼンの資料や授業の教材作りも手間いらず!

すぐにプレゼン

領域拡大機能で拡大表示&書き込み

テレビやプロジェクターに投影すれば、簡単に講義やプレゼンテーションを行うことができます。
スライドショーに自由に手書きできるので、ビジネス会議や授業にもお勧め!拡大・縮小も自在にできるので、説明をさらにわかりやすくすることができます。

そのまま保存

Wordドキュメント形式で保存

Excelドキュメント形式で保存

テレビやプロジェクターに投影すれば、簡単に講義やプレゼンテーションを行うことができます。
スライドショーに自由に手書きできるので、ビジネス会議や授業にもお勧め!拡大・縮小も自在にできるので、説明をさらにわかりやすくすることができます。

ビジネスでの便利な使い方

会社訪問の前に、インターネットから目的地の駅までの乗り継ぎ時間を「乗り換え案内」で、目的地をGoogle mapなどで検索する。必要な部分だけを画面カットし、ホワイトボードに貼り付ける。あとはサラサラッと手書きをして印刷するだけ。

教育現場での便利な使い方

画面に表示されているデジタルコンテンツの上に、パソコン画面に透明シートを張って、自由に書き込むことができます。 また、「領域拡大」機能を使って、画面の一部を拡大し、見やすい大きさにして書き込むこともできます。資料を補足するためにホワイトボードモードに切り替えて書き込むこともできます。PenPlusプロシリーズは、教育現場で幅広く利用されています。

医療現場での便利な使い方

パソコン上に表示されている動画に書き込んで、ホワイトボードへ貼り付けたり、ファイルへ保存したりできます。 また、印刷して手渡すこともできます。 動画書き込み用の動画シートで動画に書き込みができます。 画面カット機能を使い、静止画としてホワイトボードに貼り付けることもできます。 動画を止めて書き込みを行いたい場合は、通常の透明シートを使います。

便利な機能

ギャラリー

ドラッグ&ドロップで貼り付け
自由に切り取り

ギャラリーによりオブジェクト(イメージ・図形・スタンプなど)が、ドラッグ&ドロップでホワイトボードに貼り付けることができます。
ギャラリーのオブジェクトを選択し、ホワイトボード上で、クリックすることにより自由な大きさで貼り付けることができます。

手書きを含めたカットキャプチャ

カットキャプチャに手書きを加える
手書きを加えたカットキャプチャ

デスクトップに表示されているイメージに手書きを加えて、必要な部分をカットしてキャプチャすることができます。キャプチャされたものは、 ホワイトボードに貼り付け・ファイルに保存・クリップボードにコピーなどの選択ができます。

手書きを含まれないさまざまなキャプチャ

キャプチャの種類
キャプチャした画像

キャプチャの種類 1.指定領域 2.ウィンドウ 3.全画面 4.クライアント 
キャプチャの実行には、ホットキー(「F1」~「F12」のいずれか)または経過時間(秒単位)の設定ができます。
キャプチャされたものは、 ホワイトボードに貼り付け・ファイルに保存・クリップボードにコピー(他アプリケーションへはCtrl+V)などの選択ができます。

キャプチャの種類
キャプチャした画像

ドロップダウンメニュー(プルダウンメニュー)のキャプチャも可能です。 ※ドロップダウンメニューとは、ツールバーの各項目をクリックすると表示される、選択リストのことです。教材・マニュアル作成のためにメニューをキャプチャすることなどに効果を発揮します。

オブジェクトの複数選択・グループ化・ロック・最前面・最背面の配置・属性変更プロパティ

手書き線やイメージを複数選択し、自由な位置に移動することができるようになりました。イメージに注釈を入れたり写真にコメントを加えた後でも、それらをセットにして選択・移動することができます。オブジェクト(手書き線、イメージ、図形など)の属性変更プロパティにより、色や太さを後から自由に変更することができます。
選択状態にある手書き線やイメージは、『透明シートからホワイトボードへ』、『ホワイトボードから透明シートへ』の移動(コピー&ペースト)ができます。 ショートカットキー(Ctrl+C/Ctrl+V)、あるいは、ツールバーの[選択]と[ペースト]アイコンを使用します。

ツールバーのサイズとレイアウト

ツールバーのアイコンサイズ
ツールバーのサイズ

ツールバーのサイズは50%、100%、150%、200%、250%、300%の6種類あります 。

ツールバーの方向
ツールバーの一列表示

ツールバーの配置は、縦と横方向の2種類あります。ツールバーは1列と2列のレイアウトの種類があります。

画面からツールバーが消える右クリックメニュー

右クリックメニュー
色を変える
ツールバーを非表示にする

ペン(マウス)を右クリックすると、右クリックメニューが表示されます。機能の選択、ペンの色や太さの変更など、右クリックメニューからできます。右クリックメニューを使うことにより、手元で操作ができるようになります。60インチを超えるディスプレイで効果を発揮します。右クリックメニューから画面上のツールバーを消すことができ、画面全体がすっきりします。

ツールバー、右クリックメニューのカスタム設計ツール

ツールバー設計ツール

ツールバー設計ツール

右クリックメニュー設計ツール

右クリックメニュー設計ツール

【ツールバー設計ツール】PenPlus起動時に表示されるツールバーを変更することができます。ペンの数を増やしたり、使わない機能を削除したりとオリジナルなツールバーを作ることができます。
【右クリックメニュー設計ツール】ホワイトボードや透明シートで右クリックすると表示される右クリックメニューを変更することができます。

MS-Officeへの手書き線の貼り付け(日本語版のみ対応)

Office2016, 2013, 2010へのオブジェクト(手書き線、イメージ、図形、スタンプなど)の貼り付けが可能です。イメージや図形を回転させた場合、回転した状態で貼り付きます。※ただし、正しい位置に貼り付かないことがあります。PowerPoint のスライドショー時にペンや蛍光ペンで注釈を追加することができます。

MS-Officeへの手書き線の貼り付け(日本語版のみ対応)

書画カメラのビューワーや動画再生中に、動画が動いたままで、直接書き込みができるようになりました。通常の透明シート を利用すると、再生中の動画は静止画になります。書画カメラなのどイメージのキャプチャには、通常の透明シートの方が便利です。Windows Media Playerをご利用の場合は、オーバーレイがオンになっている場合は、画面が黒くなることがあります。

入力機器について

マウスとマウスエミュレーションで動作する入力機器。タブレットPC、タッチパネル、プロジェクト内蔵型センサー、モバイル型センサー、テレビ後付け型電子黒板用タッチパネル、タブレットに実績があります。

topへ戻る